027-252-1313
027-225-5075
葬儀

年回忌法要・先祖供養

年回忌法要

法事

参列の方々にお心を清め、本尊さまの御前に仏様となられた故人をお迎えし、あらためて言葉をかわされ、供養を施すものでございます。
ご廻向とは、供養することによって、その功徳が廻り廻って自分に向けられます。
その向けられた功徳を回りに振り向けることが本当の意味です。

年回忌法要

初7日忌~5・7日忌(35日)、7・7日忌(49日)、100ヶ日忌、1周忌、第3回忌、7回忌、13回忌、23回忌、50回忌・・・と年回忌ごとに追善供養します。
お亡くなりになってからはご遺族中心に7日ごとにご供養していきます。
尽7日の49日には霊位が彼岸に往詣しますので、49日忌法要後納骨供養いたします。
生きていても、亡くなられても、魂の縁は続いていくのです。

ご法要が無く、塔婆のみのお申し込みの場合、1本1万円となります。

年回忌法要

お布施

3万円から7万円となります。

お塔婆について

塔婆の起源はインドのお釈迦様が亡くなられたとき、ご遺骨を安置した塔を仏舎利塔といい、それを形どったものがお塔婆です。
5つの部分に分かれており、地、水、火、風、空と宇宙の五源を表しております。
お塔婆はいつ、だれが、どなたに建立してもいい、とされております。

塔婆代5千円
塔婆

法要の際にご用意いただくもの

石塔開眼

新しく墓地を造成した場合や改修した場合、石塔開眼し(魂入れ)の法要が必要となります。

石塔開眼法要の準備品

天明寺境内に墓地を建立された方は、墓地管理費及び護持会費 年間一万円(年会費)のご確認をお願いします。
洗米及び塩は、袋などに入れてお持ちください。
石塔開眼法要のお布施につきましては、お墓の総工事費の1割以上が目安となっていますので、ご参考になさってください。

先祖供養について

私たちは父と母から生まれました。その両親にも親がいます。
そうして先祖を10代さかのぼると1024人になります。
久遠の昔から数多の人間の縁によって一つの命が成り立っているのです。
そして、その命のつながりは未来に向かっているのです。

過去・現在・未来と三世にわたって紡がれている命の連続に触れることが先祖供養なのです。
自分のご両親や祖父母をはじめ、そして自分との縁をもった方たちと過去の親達の業(ごう)を供養することによって、現在の私たちの生活が正されるわけです。
回向とは「まわりめぐらせる」という意味です。先祖に対する供養が回りめぐって現在の我々、そして未来の私たちの縁者に還ってくるのです。

家系図

お布施

3万円から7万円となります。

塔婆

  • 塔婆代5千円

供養の際にご用意いただくもの

お電話はこちら027-252-1313