027-252-1313
027-225-5075
各種ご祈願・ご祈祷

大般若経祈祷

大般若経のご祈祷

大般若経のご祈祷

大般若経は『大般若波羅蜜多経』といい、正式には一部六百巻あります。そこには経典のすべてが網羅されており、この経を読誦することはもちろん、転読といって読むのではなく、経文を見るだけでも、パラパラとめくり、めくった風を感じるだけでも、ご利益を得られると伝えられております。さらにはこの経文に触れるだけでもいいとされ、この経を肩や背中、腰などに当てる加持祈祷もあるほどです。これは当寺で護摩の御祈願の際に行われている『大般若理趣分加持』というもので、そのご利益は広く知られており大般若経六百巻の内、五百七十八巻が“理趣分” といい、特に功徳やその験が高い、とされているのです。
西遊記でおなじみの三蔵法師(玄奘三蔵)がインド(天竺)に仏教の真理を求める旅によって得られた経典がこの『大般若波羅蜜多経』なのです。ここには生きとし生けるもの、命あるものすべてが共存して行くための重要な教えが具に書かれているのです。『空』の思想が根本として説かれており、般若は智恵を意味し、智恵は人間の本来の持っている力を最大限に引き出すことが出来るのです。

我々の命もはかないものであるが、その命にこだわることはむやみに生き急ぐことにもなるし、苦しいだけでしかないのです。生にも死にも執着を持たないことが心を豊かなものを生み出し、発展することにつながっていくのです。

大般若経ご祈祷とお礼参り

大般若経ご祈祷とお礼参り

願いや思いが聖天さんに伝わり、験があったり、願いが成就した時は特に丁重にお礼をしましょう。ここでもお供え物は欠かせませんが、大般若経による転読の法要をすることで聖天さんのお気持ちを穏やかにさせ、より一層、自身が感謝の思いを伝えるのです。

大般若経のご祈祷をお申込みの方はお申し出ください。聖天さんへの願いがかなった、聖天さんへ般若の空理を捧げたい、あるいは、自身が大般若の智恵の風を受けたい、など理由は問いません。

会社や企業、仕事仲間でのお申込みでもお引き受けいたします。