聖天とは【清里聖天・池端不動尊】

 
大般若波羅蜜多経ご祈祷
白菜加持
アクセス

聖天とは

お姿

 『願いを叶える象』と言うと聞いたことがあるかもしれません。

お姿(象)

 象は古代化石の中にもナウマンゾウなどが見られ、戦いのための道具として、乗り物用、あるいは家畜として飼われており、人間の生活に密着していた存在です。ゆっさ、ゆっさと体を大きく揺らしながら進む様子や愛くるしい眼(まなこ)、食べ物を大きく頬張る姿から動物園などでも人気の動物です。

 群れの仲間意識は強く、数キロ離れた場所にいる仲間と会話することもできるそうです。味方や象使いなどには良く従うものの、敵に対してはその怪力をもって暴れるといわれております。

 象を神格したインドの『ガネーシャ』が日本に伝わり日本の神さまとも習合し、『大聖歓喜天(だいしょうかんぎてん)』、また、『聖天(しょうでん)』さんとよばれ、信仰されるようになりました。

 お姿は地域性や由来により様々ですが、単身のお姿(象の頭で人の身体で右手に大根を持ち、左手に巾着を持つ)と双身(男天、女天の二身が合体している)のお姿と大きく二通り伝えられております。


いわれ

 一般的には簡単にお姿を見ることが出来ないようにされ、見たら目が潰れたとか、良くないことがあったなど、その言い伝えはさまざまです。

 これは“障礙(しょうげ)”といっていわゆる、ご利益が得られないように邪魔があったり、あるいはご利益を望んでも逆によくないことがあったりするので聖天さんに対して祈ることもお供えすることもやめてしまった方もおられるからです。

厨子

 ご利益がほしいからといって苦しいときや困ったときだけ、祈ってご利益だけをいただこうなどと調子の良いことを考えていたのでは“障礙(しょうげ)”があって当たり前でありましょう。

 普段からの接し方やお供えに心を尽くすことがとても重要なのです。聖天さんには可愛い子供を手なずけるように、あるいは高貴なお客様をおもてなしするかのように丁寧に心を運ぶことが良いとされています。

 普段から志しをはこび、真摯な祈りを捧げることで聖天さんのご功徳、象のような巨大なパワーがいただけるのです。


供物

お供え

 聖天さんには百味供養といって沢山のお供えものを捧げるのが良いとされ、お供えをすればするだけご利益が得られるとも言われております。

 単身の聖天は大根を持っていることから大根をお供えいたします。平時よりお酒と甘いお菓子などのお供え物は欠かさず、1日と16日のご縁日、行事日には特別に誂えたお供えをいたします。白いご飯、小豆の交飯、甘い小豆汁、お餅、季節の果物をお供えします。

 特に珍重されるお供えとして歓喜団というお菓子があります。仏教と共に伝えられ、千年前からその形は変わっておらず、今なお高級菓子として人気があります。数種類のお香を入れた小豆餡を米粉などの薄い生地で包み、油で揚げたものです。聖天さんに限らず、天部の諸尊にはお供えすることが多いようです。