• 027-252-1313
  • 027-225-5075
交通案内
授与所

千年続くお寺を目指して

2024.06.03

とことん悩む

仏教では悩みや苦しみの状態のことを“無明”と表現いたします。
要するに真っ暗闇ということですね。
人間は常に悩みや苦しみの中に身を置いています。
とことん悩む状態を経験することで見つかった一筋の光をたよりにその方向へ歩みを進めていきます。
悩みが晴れた明るい状態になった時でもさらに新たな悩みが沸き起こります。
しかし、悩みや苦しみを経験するからこそ成長できるのです。
悩み抜き出した結論が、かりに間違っていたとしてもまたやり直せばよいのです。
自分の悩みや苦しみを解決するのは自分自身です。解決したことで次にまた同じような悩みや苦しみが沸き起こって来た時には今度は経験によってより早く無明の世界から脱出することができます。
X(ツイッター)https://twitter.com/benmou_tenmyoji
インスタ https://www.instagram.com/benmou_tenmyoji/

1人、武術をしている、、「仏教に学ぶ あらゆる悩みの 解消法 C」というテキストの画像のようです

PROFILE

住職 鈴木 辨望
住職 鈴木 辨望
真言宗豊山派天明寺住職
大正大学文学部を卒業、同大学院修士課程修了。文学修士を取得。
真言宗豊山派総本山長谷寺研修所を終了後、天明寺の住職に専住する。
「千年続くお寺を目指して」日々奮闘。

コラムを検索する

カテゴリー一覧

タグクラウド

新着記事