027-252-1313
027-225-5075
天明寺について

清里聖天

清里聖天

聖天とは

清里聖天

『願いを叶える象』と言うと聞いたことがあるかもしれません。

象は古代化石の中にもナウマンゾウなどが見られ、戦いのための道具として、乗り物用、あるいは家畜として飼われており、人間の生活に密着していた存在です。ゆっさ、ゆっさと体を大きく揺らしながら進む様子や愛くるしい眼(まなこ)、食べ物を大きく頬張る姿から動物園などでも人気の動物です。群れの仲間意識は強く、数キロ離れた場所にいる仲間と会話することもできるそうです。味方や象使いなどには良く従うものの、敵に対してはその怪力をもって暴れるといわれております。

象を神格したインドの『ガネーシャ』が日本に伝わり日本の神さまとも習合し、『大聖歓喜天(だいしょうかんぎてん)』、また、『聖天(しょうでん)』さんとよばれ、信仰されるようになりました。
お姿は地域性や由来により様々ですが、単身のお姿(象の頭で人の身体で右手に大根を持ち、左手に巾着を持つ)と双身(男天、女天の二身が合体している)のお姿と大きく二通り伝えられております。

  • いわれ

    いわれ

    一般的には簡単にお姿を見ることが出来ないようにされ、見たら目が潰れたとか、良くないことがあったなど、その言い伝えはさまざまです。
    これは“障礙(しょうげ)”といっていわゆる、ご利益が得られないように邪魔があったり、あるいはご利益を望んでも逆によくないことがあったりするので聖天さんに対して祈ることもお供えすることもやめてしまった方もおられるからです。
    ご利益がほしいからといって苦しいときや困ったときだけ、祈ってご利益だけをいただこうなどと調子の良いことを考えていたのでは“障礙(しょうげ)”があって当たり前でありましょう。

    普段からの接し方やお供えに心を尽くすことがとても重要なのです。聖天さんには可愛い子供を手なずけるように、あるいは高貴なお客様をおもてなしするかのように丁寧に心を運ぶことが良いとされています。
    普段から志しをはこび、真摯な祈りを捧げることで聖天さんのご功徳、象のような巨大なパワーがいただけるのです。

  • 供物

    供物

    聖天さんには百味供養といって沢山のお供えものを捧げるのが良いとされ、お供えをすればするだけご利益が得られるとも言われております。

    単身の聖天は大根を持っていることから大根をお供えいたします。平時よりお酒と甘いお菓子などのお供え物は欠かさず、1日と16日のご縁日、行事日には特別に誂えたお供えをいたします。白いご飯、小豆の交飯、甘い小豆汁、お餅、季節の果物をお供えします。

    特に珍重されるお供えとして歓喜団というお菓子があります。仏教と共に伝えられ、千年前からその形は変わっておらず、今なお高級菓子として人気があります。数種類のお香を入れた小豆餡を米粉などの薄い生地で包み、油で揚げたものです。聖天さんに限らず、天部の諸尊にはお供えすることが多いようです。

ことはじめの清里聖天

真言宗の大法と聖天

  • 真言宗祖弘法大師は平和に災いがない世の中になれるように密教の修法をもとに国を治めるよう、当時の嵯峨天皇に進言いたしました。『御七日御修法』といい、万民の幸せを祈願するための鎮護国家の大法として現代まで脈々と受け継がれてきております。
    真言宗の大法は金剛界と胎蔵界の曼荼羅をかけ、七つの壇を設け、それぞれに真言を読誦したり、護摩を焚いたりしながら、その仏尊に適した修法をするのです。七壇の法は大法といい、五大明王を前にした密壇、金剛界もしくは胎蔵界に向かう大壇、息災護摩壇、増益護摩壇、十二天壇、神供壇、そして、聖天壇です。この中でも聖天さんはとても重要視されており、聖天供がないと大法は成り立ちません。

ことはじめ聖天

  • 物事を始める際や、事を興すときには一番最初に手を合わせ、心を真摯に聖天さんのもとへ運びましょう。真言宗の大法でもお供えは必ず、聖天さんから供えはじめます。ご利益をいただけるから、大切にお守りし、拝むのではなく、きちんとした決まり事を守り、その心がけを自分自身が持つことで結果的にご利益を授かれることにつながっていくのです。

    新築時、出産時、入学時、就職時、独立時など新しく行動をおこすときは『ことはじめ清里聖天』へお参りしましょう。

願いが成就したら

  • 願いや思いが聖天さんに伝わり、願いが成就した時は特に丁重にお礼をしましょう。ご利益を得ることが出来たなら、お礼はやはり、聖天さんの好物をお供えすることです。お酒や甘いお菓子、持ち物である大根をお供えするのもよろしいでしょう。

    価値のあるものや贅沢なものはお心意気を示すことに必要かもしれません。聖天さんに関してよりお気持ちを伝わるようにするにはお住まいであるお堂や厨子、道具など聖天さんに携わる人や物に感謝の意を表さなければなりません。自分だけが、という姿勢は奥に潜む悪心を思い起させることにもなるのです。
    お供え物は欠かせませんが、大般若経による転読の法要をすることで聖天さんのお気持ちを穏やかにさせ、より一層、感謝の思いを伝わり、護ってくださるのです。

大般若の功徳は“空”そのものを知らしめることです。聖天さんは本来、寿命なんてあってないのだ、と理解をし、だからこそ、寿命にとらわれることを止め、生への執着をやめ、帰依してくださる方に対して聖天さんの能力を与え、ご利益が振り向けられるのです。