027-252-1313
027-225-5075
天明寺について

池端不動尊

池端不動尊

天明寺のお不動さん

池端不動尊

当寺は寺小屋、尋常高等小学校としての機能を持つ以前は厄除け、学業成就などの祈願を行う寺院として地域の信仰を集めておりましたが、140年ほどの無住職の時期を経て現在に至ります。
平成23年日輪寺(前橋市日輪寺町 真言宗豊山派)様より護摩壇一式を譲り受け、その後、篤信の檀徒からも土地の寄進を受けることとなります。この場所は現在の護摩堂境内です。さらには護摩堂の資材を譲りうけ、長谷川凡龍(世田谷区下馬 龍成院 院主)様のお導きにより護摩堂のご本尊『不動明王』さままでも継承することとなりました。

お不動さまの使命により、平成24年、御寄進を受けた場所に護摩堂を建立し、合わせて庫裏、客殿が建設されました。
目に見えないものが形として現れる、一時は不利益なことがあったとしても苦しみや悲しみを乗り越えて結果として、「ご利益」に繋がる、これがお不動さまの「霊験」の偉大さであろうか、と思います。自分自身へ関わりがすべて、「ご縁」であり、まずは一心に手を合わせることが苦しみや悲しみの先にある楽しみや喜びを生むのだと思います。私は是非、日常生活の一助として身近にご本尊大聖不動明王さまの存在を感じていただきたいと考えています。