027-252-1313
027-225-5075
天明寺について

天明寺の仏像

  • 不動明王

    不動明王

    日本ではお不動さんとして親しまれていますが、密教の中心の仏様である大日如来の化身とされています。右手には煩悩や魔を断ち切る降魔の三鈷剣を、左手には、人々を迷いの海から救い出す投げ網である羂索(けんじゃく)を持っています。

  • 十一面観世音菩薩

    十一面観世音菩薩

    密教経典に説かれている11面のお顔を持つ観音様は、真言宗豊山派の本山、長谷寺のご本尊であります。10種類の現世での利益(十種勝利)と4種類の来世での果報(四種功徳)をもたらすと言われます。関恍雲仏師の作。手に持っている水瓶によって、世の中を浄化し、疫病治癒の信仰を集めています。

  • 文殊菩薩

    文殊菩薩

    「智慧の文殊」の言葉の示すとおり、智慧と救済の象徴の菩薩です。寺子屋としての側面を持つ天明寺には文殊堂が建っていました。青蓮華に座し、悟りを表現した利剣と経典を持しています。

  • 秋川辯才天

    秋川辯才天

    「千の風になって」のテノール歌手、秋川雅史さんが彫刻し、奉納された八臂辯才天座像。厳島辯才天の模彫刻。仏教を守護する天部の仏様。音楽や芸術、福徳の縁起物として古くから祀られている。天明寺では、ご縁をいただいた秋川氏を招き、不定期に「辯才天の集い」を行っています。